宮崎台デンタルクリニック

歯の痛みのある方はお電話ください

宮崎台デンタルクリニック

電話アイコン電話 予約(初診) アクセス

3つの特徴

3つの特徴FEATURES

1.完全オーダーメイドの治療方針

当院では初診時に約1時間かけ検査、診断、治療を行っております。
患者様全員の口腔内写真を撮影し、レントゲン写真、精密歯周ポケット検査、顎運動検査なども行います。

それらを元に、一人ひとり治療計画を作成し、次回来院時に治療計画のご説明をさせていただいております。

当院で大事にしていることは、その患者様の現在の状態を把握し(検査)、患者様が希望する治療法を一緒に探し(提案)、治療が終わった後に『感動』が得られるように治療を行っていくことです。
1回の来院で治療が終わる方もいれば、2年以上かけてすべての治療を理想的に行う方まで様々です。

治療事例を見る

レントゲン写真1レントゲン写真2口腔内写真CT

2.世界最高水準の滅菌

2019年後半から、新型コロナウイルス(COVIT-19)が世界中で流行しています。

元々歯科においては、出血を伴う処置が多く、歯を削る器具や術者の手指などを通してのウィルス感染が起きないよう徹底した感染対策、滅菌処理が行われております。

当院では、患者様ごとに手袋を交換する等、使い捨て器具の活用はもちろんの事、患者様に安心して受診していただけるようあらゆるウイルス、細菌を死滅させることができる世界最高水準のClass B滅菌器を使用しております。
※クラスB滅菌器とは、最も厳しいとされるヨーロッパ基準EN13060のクラスB規格の滅菌システムのことを言いますが、現在の日本では民間の歯科医療機関でのクラスBの滅菌器の導入率は2%程度と言われています。

また、空気中には治療によって発生する目に見えない物質や、来院される患者様が外部から持ち込む様々な有害物質が浮遊しています。(エアロゾル)
当院では、空気中のウイルスを99.9%以上除去可能な大型空気清浄化装置『メディカル ライト エアー』も設置しており、空気感染対策も行っております。

メディカル ライト エアー

※2020年4月現在、歯科医師、歯科衛生士はマスクの常時着用、ゴーグル、フェイスガードを着用しての診察、受付スタッフも常時ゴーグルを着用して業務を行っております。
患者様のみならず、患者様のご家族、スタッフや、業界関係者の方々にも感染しないよう最大限、感染防止に努めております。

3.歯の保存にこだわる

どんなに優れた治療をしたとしても残せない歯を"Hopeless"(歯牙保存の望みなし)と診断するのに対し、歯牙保存ができる可能性があるが断定できない歯を"Questionable"と診断します。
宮崎台デンタルクリニックはこの"Questionable"な歯の保存に全力を尽くて取り組んでおります。

昨今、インプラントブームともいえる状況があり、適切に治療すれば残せる歯が抜歯されているケースをよく見受けます。
インプラントはあくまで選択肢の一つであり、第一選択ではありません。
他院で抜歯と診断された歯を残せるかもしれません。
まずはしっかりとした診断のもと、歯を残すことをしっかりと考えていきましょう。

治療事例を見る

口腔内写真

MIYAZAKIDAI DENTAL CLINIC© MIYAZAKIDAI DENTAL CLINIC